戸籍、改製原戸籍、除籍とは

 

戸籍には、3つの種類があります。

それぞれの概要と違いについて説明しています。

 

戸籍の3種類と読み方

 

戸籍の種類を大別すると、以下の3種類があります。

  • 現戸籍
  • 改製原戸籍
  • 除籍

 

「現戸籍」は、「げんこせき」と読みます。

現在の戸籍のことをいいますが、単に「戸籍」という場合、通常はこの現戸籍のことを指します。

 

「改製原戸籍」は、正式には「かいせいげんこせき」と読みます。

しかし、「げんこせき」と呼んでしまうと「現戸籍」か「原戸籍」か紛らわしいので、役所や法律関連職の間では「はらこせき」と通常、呼ばれます。

 

「除籍」は、そのまま「じょせき」と読みます。

 

改製原戸籍(かいせいはらこせき)とは

 

改製原戸籍は上記のように、正式には「かいせいげんこせき」と読みますが、通常は「はらこせき」と呼ばれています。

 

それでは、改製原戸籍とはどのような戸籍のことでしょうか。

 

法律はしばしば改正されますが、戸籍の様式についても同様で、法律の改正により戸籍の様式が変更・改製されることがあります。

戸籍の様式の改製により、いまある戸籍の記載内容が新様式の戸籍に引き継がれ転記されます。

 

戸籍の記載内容が新様式に転記されると、もともとあった戸籍は様式の改製前のものとして保存されることになります。

このようにして保存された、古い様式の戸籍が改製原戸籍です。

 

ちなみに、戸籍の様式が変更されても、もとの戸籍の記載内容のすべてが新様式に転記されるわけではありません。

一部の記載事項については新しい様式に反映されません。

 

そのため、現戸籍だけではわからない事項もあります。

現戸籍だけでは判明しない事項は、改製原戸籍を取得すれば過去にさかのぼって確認できます。

 

除籍(じょせき)とは

 

戸籍(現戸籍)に記載された個人が死亡したり結婚したりすると、戸籍に記載されているその方の氏名の下に「除籍」と書き記されます。

電子化される前の戸籍では、「除籍」と記載されるかわりに、戸籍の氏名「✕」印が記されていました。

 

たとえば、筆頭者でない方が結婚すると夫婦の新戸籍が編製されて、もとの戸籍には「除籍」と記載されることになります。

「結婚して戸籍から抜ける」などということがありますが、このような場合のことをさしています。

 

1人また1人と戸籍から抜けていくと、最終的には戸籍に記載されている全員に「除籍」と記載されることになります。

このような戸籍は目的を果たして、いわばお役ご免の状態となり、「除籍簿」というものにつづられることになります。

 

このようにして除籍簿につづられた戸籍のことを「除籍」といいます。

 

なお、除籍簿につづられた除籍の保管期間は150年とさだめられています。

この保管期間をすぎると除籍を廃棄してもよいという取り扱いになっています。

 

まとめ

 

戸籍には次の3種類があります。

  1. 現戸籍(げんこせき)
  2. 改製原戸籍(かいせいはらこせき、かいせいげんこせき)
  3. 除籍(じょせき)

 

戸籍の様式に変更があると、もとの現戸籍は改製原戸籍となり、新様式の戸籍が新しい現戸籍になります。

戸籍内の全員に「除籍」と記載されると、その戸籍は除籍になります。