積替保管ありのメリットとは

産業廃棄物収集運搬業の1形態として「積替保管あり」というものがありますが、ご存知でしょうか。

こちらの記事では、通常の産業廃棄物収拾運搬業許可との違いや「積替保管あり」メリットについて解説しています。

産業廃棄物収集運搬業許可でできる業務とは 

産業廃棄物収集運搬業許可(積替保管なし)を取得してできる業務は「廃棄物の排出現場で廃棄物を積み込むこと」「廃棄物処理施設で廃棄物を卸すこと」の2点です。

積込地と荷卸地との途中で廃棄物を保管することはできません。

産業廃棄物を自社の駐車場に降ろすことはもちろん、産業廃棄物を運搬車両に積んだまま自社の駐車場で1晩、駐車することは禁じられています。

このように通常の産業廃棄物収集運搬業の許可(積替保管なし)を受けただけでは、産業廃棄物を積んだ排出現場から中間または最終処理施設に直接に廃棄物を持ち込まなければなりません。

しかし、これでは例えば少量の廃棄物しか積まなかった場合でも、処分場へ直接運搬しなければならず、運搬の効率がとても悪くなってしまいます。

また、廃棄物の収集が遅い時間になると、処理施設が閉まってしまい処理施設へ運搬できなくなってしまうこともあります。

そこで、積替保管施設にある程度の量を保管して、まとめて運搬できるようにしたのが「積替保管あり」という許可です。

積替保管とは 

例えば、2トン車で少量の廃棄物を収集しただけなのに、そのまま処分場へ運搬しなければならないとすると効率が悪いので、積替保管施設に一定量になるまで保管して、10トン車に積み替えて処分場まで運搬できるように許可したものが「産業廃棄物収集運搬業許可(積替保管あり)」です。

「積替保管あり」は収集運搬業の一形態なので、「積替保管あり」の許可を取得した収集運搬業者の車両で積替保管施設に運搬することになりますが、区間委託をしている場合には積替保管施設からの搬出は他の収集運搬業者がおこなうこともできます。

このように運送の効率性を高めることができるのが「積替保管あり」の最大のメリットとえいます。

運搬の効率化が図られることにより、廃棄物の処理にかかるコストを軽減できることにもつながります。

また、有価物の選別・収拾が認められていることも積替保管のメリットです。

廃棄物のなかには、鉄や銅やアルミなどの有価物が含まれているものもあります。

積替保管施設では廃棄物の処理をおこなうことは許可されていませんが、このような有価物を選別・収拾することは認められています。

ただし積替保管施設では処理が認められていないため、有価物の選別・収拾は手作業に限り認められています。また、廃棄物の性状をかえることは認められていません。

なお、有価物の選別・収拾をするためには、排出事業者の許可を受けて契約書に記載することが必要となります。

積替保管のデメリットとは 

積替保管ありには上記のようなメリットだけではなく、次のようなデメリットもあります。

積替保管をおこなうと、異なる排出事業者の廃棄物が混ざり合うため、排出事業者の責任があいまいになるおそれがあります。

積替保管施設を設けると、周辺住民や環境に対する影響が大きいため、事前の相談や周辺住民の同意などが必要とされ、通常の産業廃棄物収集運搬業の許可よりも申請手続きの負担が大きくなります。

積替保管をするときに従うべき基準とは 

産業廃棄物収集運搬業許可(積替保管あり)を受けて産業廃棄物を保管するには、(1)産業廃棄物の保管基準にくわえて、(2)収集運搬における積替保管の基準を守る必要があります。

通常の産業廃棄物の保管基準

通常の産業廃棄物を保管するためには、以下の保管基準を遵守する必要があります。

  • 保管場所の周囲に囲いが設けられていること
  • 産業廃棄物の保管に関して必要な事項を表示した掲示板が見やすいところに設けられていること
  • 保管場所から産業廃棄物の飛散、流出、地下浸透、悪臭飛散が生じないような措置を講ずること
  • 産業廃棄物の保管に伴って汚水が生じるおそれがある場合には、公共水域および地下水の汚染防止のために必要な排水溝などの設備を設け、それらの設備の床面を不浸透性の材料で覆うこと
  • 保管場所に、ねずみが生息したり、蚊、ハエその他の害虫が発生したりしないようにすること
  • 産業廃棄物を容器に入れずに保管する場合には、高さに関する基準に従うこと
  • 石綿含有産業廃棄物については、(1)その他の物が混合することがないように、保管場所に必要な仕切りを設ける等の必要な措置を講じること、(2)覆いを設けたり、梱包するなど石綿含有産業廃棄物の飛散の防止のために必要な措置を講じること
  • 水銀使用製品産業廃棄物については、水銀使用製品産業廃棄物にその他の物が混合することがないように、保管場所に仕切りを設ける等の必要な措置を講じること

積替保管の基準

「積替保管あり」の場合には、上記の保管基準に加え、次のような積替保管の基準を守る必要があります。

  • あらかじめ積替えをおこなった後の運搬先が定められていること
  • 搬入された産業廃棄物の量が、積替え場所において適切に保管できる量を超えないこと
  • 搬入された産業廃棄物の量が、1日あたりの平均搬出量の7日分を超えないこと
  • 搬入された産業廃棄物の性状に変化が生じないうちに搬出すること

その他にも建築基準法などの制限にも配慮する必要があります。

まとめ 

「積替保管あり」の許可申請手続きは、通常の収集運搬業許可にくらべて難しいといえますが、「積替保管あり」の許可を受けると収集運搬の効率化、廃棄物処理コストの低減、有価物の選別・収拾というメリットがあります。