tp-linkのWi-Fi中継機RE650を設置してみました。

 

自宅内でWiFi難民に陥る

自宅兼事務所ではNURO光を使っています。

ルータの設置場所から事務所までの距離が遠いため、自宅内でWiFi難民の状況でした。

当初はNURO光のスペックが悪いのかと思いこんでいました(NURO光さん、ごめんなさい)。

でも自宅内でノートPCを持って移動すると、場所によっては接続状況が良くなるので、NURO光さんのせいではなさそう。

ということで、WiFi中継機を購入し、設置してみました。

効果は抜群でした。

速度の遅かった事務所内の通信速度が改善され、また、もともと接続状況が悪くなかった場所でスマホを使用しても、速度アップを体感することができました。

WiFi中継機(tp-link RE650)の設定はシンプルでした

中継機のおおまかな設定方法は次のとおりです。実際に設定してみるとわかりますが、手順はシンプルです。

①スマホでtp-linkのアプリをダウンロードする。

②ルーターの近くで中継機をコンセントに差し込み、アプリの説明に従い設定する。

③中継機を適切な場所に設置する。

ルーターと、WiFiが届かず死角になっている場所の中間地点、折り返し地点に設置するのがいいそうです。

アプリは↓のような感じです。

WiFi中継機を購入してよかった

WiFiが届きにくい事務所(自宅内)にはLANケーブル口があって、このLANケーブル口にルーターを設置するという方法も考えられました。

しかし大元のルーターと新たに設置するルーターとの2重の接続状態になってしまい、あまり好ましくないという記事を目にしました。

悩んだ末に結局、WiFi中継機を選択したのですが、結果として良かったと思います!