産業廃棄物収集運搬業許可の期限管理を楽に、かんたんにする方法

期限管理・スケジュール管理が面倒な理由

産業廃棄物収集運搬業許可申請の依頼が多くなってきました。新規・更新・変更届など、いろいろな申請のご依頼をいただいております。

産業廃棄物収集運搬業許可の手続きが面倒なことの1つとして、許可の有効期限・スケジュール管理があると思います。

産業廃棄物収集運搬業の許可は、廃棄物を積み卸しする場所で許可を受ける必要があるため、複数の自治体の許可を受けることが多くなります。

複数の自治体ごとで許可の有効期限が異なれば、当然、それぞれの有効期限にむけた申請手続が必要になってきます。

さらに難しいこととして、講習会修了証を取得するタイミングがあります。講習会修了証の有効期間は、多くの自治体で新規で5年、更新で2年とされています。

更新のタイミングが講習会修了証の有効期間内でなくてはならないので、講習会を受けるタイミングも考えなければなりません。

講習会が全国各地で頻繁に開かれていればまだ助かりますが、近隣でタイミングよく開かれていなくて、遠方に受講しにいかなければならないケースもあります。

このように面倒な産業廃棄物収集運搬業の更新スケジュール管理ですが、比較的かんたんに管理できる方法をご紹介します。

方法1 新規の講習会を受ける

まず1つめの方法としては、講習会を新規で受けるという方法です。

産業廃棄物収取運搬業の許可を受けるために必要とされる講習会修了証には新規、更新の2つの種類があります。新規の有効期間は5年、更新の有効期間は2年とされています。

更新申請をするからといって、更新の講習会修了証が必要となるわけではなく新規の修了証であっても構いません。

5年ごとに新規の講習会を受け修了証をもらえらば、常に更新申請をすることができることになります。

方法2 有効期限を1つにまとめる

産業廃棄物収集運搬業許可申請の有効期限は5年間とされています。

そのため新規で許可を取得した後は、一律に5年ごとの更新が必要で、各自治体ごとにばらつきが生じるのは避けられないと思われるかもしれません。

ところが更新のタイミングを早め、更新後の有効期間を前倒しするということもできます。

複数の自治体の更新申請のタイミングを合わせることで、更新の機会を逃すことも少なくなりますし、講習会を何度も受講する必要がなくなるので、お客様にはこの方法をおすすめしています。

有効期限を前倒しする手続きは各自治体によって異なるので、申請先の自治体にご確認ください。