交際期間が短く、年齢差のあるご夫婦の配偶者ビザが許可されました

交際期間が短く、年齢差のあるご夫婦の配偶者ビザが許可されました。

外国籍の夫と日本人の奥様との年齢差はおそよ30歳ほど、また、出会ってからご入籍まで半年にも満たないスピード婚でした。

一般的に、結婚までの交際期間が短かかったり、年齢差のある夫婦の配偶者ビザの申請は難しいと言われています。私も1回目の申請で許可されるのは難しいかもしれないと不安がありましたが、結果、1度目の申請で、追加提出資料もなく許可がおりました。

婚姻の真実性を疎明するために、今回の申請で気を付けたことは、次の4点です。

①ご夫婦で撮影した写真を多く提出する

 ご夫婦で一緒に撮影した写真、ご親族と一緒に撮影した写真、勤務先の社長や知人と一緒に撮影した写真を多く提出しました。

 自宅やレストランで食事をしている際に撮影した日常の生活風景ばかりですが、どれもリラックスした風の表情でした。

 

②通信記録を多く提出する

 LINEやFacebookのメッセンジャーでのやりとりをスクリーンショットしていただき、画像として提出しました。

 ③の交際の経緯について、より具体的なイメージをもてるようなメッセージのやりとりを提出することができました。

 

③交際の経緯を理由書のなかで詳細に説明する

 出会ってから交際に至る経緯、入籍までに至る経緯について時系列に沿って、詳細に説明しました。

 またご夫婦の心情、ご親族の意見なども交えて、より真実味のある説明を心がけました。

 配偶者ビザの提出書類である「質問書」にも交際や結婚の経緯を記載することになっていますが、記載するスペースが少ないので、理由書にて詳細に記載しました。

 

④ご夫婦の生活実態がわかるよう住居の間取り図、写真を提出する

 ご夫婦がお住まいの住居の間取り図、写真を提出してご夫婦の生活実態がわかるよう説明しました。

 ご夫婦以外に同居人がいらっしゃったのですが、同居人の方の生活スペースが別途、確保されていることも説明しました。

 お住まいにお伺いした際にご夫婦がとても仲睦まじい様子でしたので、是が非でも配偶者ビザが許可されるようにと強く願っておりました。お二人の末永いお幸せをお祈り申し上げます。

関連記事もあわせてお読みください