ダメダメ通訳だったので英語を勉強しなおしたいと思った

外国人の入国をサポートさせていただいたお客様(招へい人の方)のご依頼で、招へいした外国人を空港で出迎えてちょっとした通訳をすることになりました。

通訳のご依頼をいただいてから時間もないので英語の勉強をすることもなく、ぶっつけ本番だったのですが、想像以上に単語がでてこなくて余りにも酷い通訳ぶりでした。

検索すれば英単語は分かるし、翻訳アプリもあるので最終的には意志疎通をはかることはできたのですが、言いたいことを言えないもどかしさは相当のものですし、簡単な単語ですらでてこないことにやや落ち込みました。

学生自体の得意科目は英語だったし、英語に触れること自体は好きなほうなのですが、使い道がなさそうという理由で常日頃の英語学習を怠っていましたが、今回のような突然のご依頼にこたえられるよう日頃から鍛えておきたいと思う気持ちが生じました。

実際に使う機会があるかどうかは別として、好きなことであれば一定の時間を割いて勉強するのもありかと思います。

(メールやLINEで外国人のお客様とやりとりする機会は多くありますが、リアルタイムで会話する機会はほぼありません)

必要に迫られてする勉強ではなく、したいからするという勉強もありなのではないかと思います。

また現時点で使う機会がなかったとしても、実際に使う機会は自ら創りだすことができるはずです。