一式工事の許可を受けていれば専門工事を請け負うことはできるのか

 

建設業許可は29の業種ごとにあたえられる許可なので、一式工事と専門工事との許可は別個のものです。

そのため、一式工事(建築一式工事、土木一式工事)の建設業許可を受けたとしても、単独で専門工事(27業種あります)を請け負う場合には、請け負う工事の種類に応じた専門工事業の許可が必要となります。

単独で専門工事を請け負うのではなく、一式工事に含まる専門工事であれば、一式工事について建設業許可を受けている建設業者さまは、「専門技術者」を配置することで、専門工事について建設業許可を受けていなくても、専門工事を施工することができます。

「専門技術者」となりうる資格は、その専門工事について配置される主任技術者に求められる資格と同じです。

なお、それぞれ必要とされる資格をみたしていることが前提ですが、一式工事について配置される主任技術者や監理技術者と、専門工事について配置される「専門技術者」とを同一人物が兼任することは可能です。

専門工事について「専門技術者」を配置することができなければ、専門工事について許可を受けている建設業者に下請工事を発注する必要があります。

なお、専門工事が500万円未満の請負金額であれば、建設業許可を受けることなく請け負うことができます。