郵送提出ばかりで電車の乗り方がわからなくなってきた

コロナ禍の影響により窓口での提出から郵送申請へとシフトされ、在留資格関係以外では取り扱い業務のほぼ全てを郵送でおこなうようになりました。

私の場合は、窓口の混雑による感染をおそれるというよりは、電車での移動と窓口で待たされる時間が無駄と感じるので、郵送での申請がメインとなったことは歓迎です。

徐々に窓口での申請も再開されているようですが、郵送申請の方法も継続して選択できるようにしてほしいと思うところです(オンライン申請がメインになるまでは)。

本日は大雨のなか、川崎の入管へ申請書を提出してきましたが、電車の乗り方がダメダメでした。

先発ではなく後発の電車に乗ってしまったり、急行ではなく各駅停車に乗ってしまったり・・。

窓口での申請の機会が減って電車に乗る機会が減ったことが原因です。にもかかわらず車内で読書をしていることも原因です。電車での移動が好きではないだけに、もう少し効率的に電車移動できればと思いました。

 

新宿・渋谷へ直通でいけるようになって便利になった相鉄線ですが、横浜への往き方が以前のように単純ではなくなりました。

以前は研修や建設業許可申請の関係で週に1回は横浜に出ていたのですが、郵送提出の利用やコロナ禍の影響によりほぼ横浜に出る機会はなくなりました。

移動時間が減って助かっている反面、ほぼ何も考えなくても行けた横浜ですら難しく感じるようになり少しばかりの寂しさを感じます。