メインの移動手段を自転車にしようと思う

今日はリハビリのため病院へ通いました。

移動手段は自転車で、移動距離は9キロ、移動時間は50分程度(新百合ヶ丘の入管へは、さすがに電車で)。

ここ最近、車での移動を減らして自転車で移動することが多くなってきた。

近場への移動であれば、車より自転車のほうが便利だと思うようになった。

自転車で移動することのメリット

僕が思う自転車で移動するメリットは、主に5点あります。

 

まずは、健康にとってプラスとなることが多い。

有酸素運動にもなるし、足の筋肉を使うし、適度な運動となって疲れるから夜も早く眠たくなる。

健康にとってプラスとなることばかりです。

 

次に、駐車スペースに困らないということ。

自転車の駐輪場は施設に付設されていることが多く、無料のところがまだまだ多い(駅周辺は有料のところが多いけれど)。

有料の駐輪場でも1日24時間で100円位なので、駐車代もそれほど高くない。

車で移動すると、駐車場の料金は高いし、目的地のそばに駐車場がないことも多い。結果、離れた駐車場から歩く必要があったり、駐車場を探す手間がかかったりで不便なことが多い。

 

3つ目は、上記と重なるけれど、効率的に移動できるという点。

自転車であれば目的地の目の前までいけることが多いし、渋滞に巻き込まれることはない。

到着時間も読みやすい。

比較的、狭い範囲を効率的に移動するためには車よりも自転車のほうが便利だと思います。

 

4つ目に、ガソリン代がかからないため、経済的に効率的ということ。

自転車であれば健康にプラスなうえに、ガソリン代や駐車場代がかからないので経済的なメリットも多い。

もちろん、一切、車に乗らないのであれば、車両購入費もかからない。

 

最後に、精神的なメリットもあります。

車で渋滞に巻き込まれるとストレスが溜まるけれど、自転車ではそのようなストレスはないし、何より自転車をこいで体を動かすと気持ちよくなります。

 

自転車で移動することのデメリット

自転車よりも車のほうが便利なシーンも、もちろんあります。

まず、雨の日は自転車での移動は難しく、天候に左右されてしまうということがあります。

つぎに、自転車では大量の荷物を運べないというデメリットがあります。

もっとも、普段はそれほど多くの荷物を運ぶことはないので、それほど困ることはありません。

最後に、遠出をするときは自転車では難しく、車での移動に軍配があがります。

 

このように自転車での移動にはメリット、デメリットがあり車との使い分けが必要ですが、片道30分程度であれば自転車で移動しようと考えています。