神奈川県の感染症拡大防止事業補助金(第3次)の公募期間の終了まで1週間となりました。

神奈川県の第3次感染症拡大防止事業補助金の公募期間終了まで1週間余りとなりました。申請は郵送のみで受け付けていて、2月18日(金)の消印有効とされています。

公募期間は2月18日までとされていますが、申請件数が1,500件に達する見込みとなった時点で受付を終了することもあるそうです。1次募集の際にはあっという間に申請が締め切られましたが、今回の第3次については本日10日の時点で申請件数は450件にとどまっているので、まだまだ申請件数に余裕はありそうです。

 

補助率は3/4、補助上限額は100万円とされていますので感染症対策に多額の費用がかかる事業者様には、おすすめの補助金です。

 

補助対象経費となるものは、空気清浄機や加湿器など下記の種類に限定されています。

  • アクリル版、パーテーション
  • 透明ビニールシート
  • 換気扇設置工事
  • 全熱交換器設置工事(+エアコン)
  • 新たな窓枠設置工事
  • 換気機能内蔵エアコン設置工事
  • 扇風機、サーキュレーター
  • 加湿器
  • CO2濃度測定器
  • 空気清浄機
  • 非接触体温計
  • サーモカメラ
  • タッチレスディスペンサー

 

申請書の作成にかかる時間は1時間~2時間程度と思われます。公募要領の必要書類や記載例をみると、以前より簡略化されている印象です。もっとも、公募要領を読み込む時間や、補助対象経費を選んでカタログをダウンロードする時間、法人の事業者様であれば履歴事項全部証明書(商業登記簿)を取得する時間もあるので、多少の余裕をもったほうがよさそうです。ただし、換気扇設置工事を補助対象経費とするのであれば、見積書をとる必要があるので時間的に余裕がないかもしれません。

また、感染防止対策取組書を作成・発行していなければ、こちらを作成する時間もかかります(作成自体、それほど手間ではありません)。